FC2ブログ

陽だまりのココロ

東京都文京区でタロー・デ・パリ/数秘/心理学/アニマルコミュニケーション/ヒーリングを用いたカウンセリングを提供しています。日々の学びや気づき、高齢犬の介護記録や猫たちの日常も。

身体のあげていた悲鳴に気づかない件 

またまた、このしくじりシリーズです( ´艸`)
(読んでくださっている方、ありがとうございます・・)

仕事を辞めて、アニマルコミュニケーションやヒーリングなどを
習いつつ、今まで偏っていた左脳寄りの脳を気分的には出して洗ってー
1年経過した今日このごろ。

それは突然襲ってきました(´;ω;`)ウッ…

急激な吐き気と嘔吐が襲ってきた8月31日。
それから・・まるまる7日間も何も食べられず吐き続けました。
近くの病院に駆け込んで、吐き気止めや点滴、
痛み止め(内臓を中からぎゅーってされてるような激痛・・)
など処置してくださったのですが、胃潰瘍のある薬に
たどり着くまで吐きっぱなし・・

(病院を後にするときに、「お守りですよ♪」ってビニール袋を
 渡してくれる看護師さんや受付の方が天使に見えました・・)

3日食べれないと力が入らず、姿勢をまっすぐにすることや
歩くことさえ力が入らない・・

(病院で処方箋だすところって、歩くのもままならないのに
 調剤薬局まで歩かないといけないのがつらかったわぁ・・
 いつもなら3分のところ、途中で何度もしゃがみ込み20分って・・)

生もの食べてないし、何も変わったことしてない・・強いて言えば
頭痛で通っている病院でもらった漢方薬。
でも、そんな症状でるとか変・・ということで。

薬で落ちついたころに、主治医から「胃カメラとりましょう」と。
沈静をかけてくれる消化器内科を探して紹介状持っていったのが
3週間後でした。

胃カメラは2週間後で、その前に超音波と血液検査ということで
結果、軽い膵炎も起こしていたようで・・
薬を飲めば症状はないので、まぁ、胃カメラ終わったらオッケー
でしょうと思ってました。

胃カメラも検査も終わり結果を聞きに行くと、
「まず、ピロリ菌はいませんでした(6種類もあるらしい)。」
→おし!
「逆流性食道炎の跡がありました。」
→ふーん、治ってるならいいよね!
「十二指腸に良性のポリープがありました。」
→良性だし、よし!
「膵炎の影響で膵管が少し分厚くなってました。」
→このまま薬で治るはず!
「1-2年以内にできたでかい胃潰瘍の跡が2つありました。」
→ん??



・・・


『先生・・胃潰瘍って・・・この1-2年胃の具合が悪いと思ったことが
 なく身に覚えがないんですか・・』
と伝えたところ、先生の顔色が変わりました。
「いや、あれだけでかい跡があるのに、
痛くないとか考えられないですね」

・・・

『ほんとなんですよ。。だって美味しくご飯食べてましたもん・・』

先生溜息・・そして、
「感じられないんですね・・ あんなでかい胃潰瘍ができる人って、
 だいたいピロリ菌がいるんですよ。
 居ないのにできてるってことは、できやすいってことです。
 しかも気づかないのであれば、病院に来るころには
 かなりひどくなってからです。
 今後は胃が変と思ったらすぐに来てください。」

胃カメラの画像を映しながら、証拠を突きつけられた犯人のような気持ちに・・

先生から信用を失ったのか、念のため造影剤入れた腹部CTも
別のところで受けてこいと言われ、その場で予約を取られて帰宅しました。

その後CTも無事終わり、悪性の腫瘍や石もなく、やっと無罪となりましたが、
今思うに・・

きっと身体は悲鳴を上げていたのでしょう。
でも、それ以上に日々の大変さやストレスで、
「無いこと」にしていたのではないかと。

今なら気づけるはず・・いや気づけないと困る・・という気持ちも込めて

脳の使われている機能は5%、95%は使われていないという話も
ありますが、その95%の潜在意識が痛みもなかったことにしていた
としたら・・・
おそろしーです。
やれやれ

そして、そんなところに潜在意識の力を発揮したくないです( ´艸`)

胃潰瘍ができていたとすれば、原因はおそらくストレスで・・
心と身体は繋がっているとよく言いますが、
じぇんじぇん繋がってないようにも?
できるらしいという話でした(´;ω;`)ウッ…

医療費かかるし・・(かかった医療費で牛丼何杯食べれただろう・・)
バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 心と身体

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

高圧的でイライラしている人への対処法? 

このカテゴリ「自分って?」シリーズ。

かるく「しくじり先生」感が漂ってきてますが
気にせず書いてみます( ´艸`)

20数年もいろんな会社で働くと、自分と波長の
合う人に会うことのほうが少ないですよね。

あん?と思っても、スルーできる場合はスルーして
できるだけ業務を早く手っ取り早く終わらせる

だって、早くうちの子たちが待ってる家に帰りたいから
これが大人だと思ってました。
今までもそれで乗り切ってきたんですもん( ´艸`)

でも、中には何かにとっても怒っていて、いろんな
ことにかこつけて高圧的に精神的ダメージを
与えるような言葉や言い方をする人がいます。。

いつものようにはいはい、へらへらやり過ごして
いたのですが、いつまでたっても終わらない(←帰れない!これ大変!)

そこで、ない頭をぐるぐるして考えたわけです。。

で、やってみました。

”相手がいいたいことを先にネガティブ強めで言う”
(もともと相手の気持ちが事前に入ってきてしまうので、それを逆利用・・)

「○○さんって、今こんなこと私に言おうとしてますか?」
「○○さんって、この時こんな風に思いましたか?」
”こんな”の部分は、かなりネガティブな内容です。

すると、
「あ、いや、そんなことないですよ。えーっと、つまりー」

先に私がかなりネガティブなことをきつめの言葉で言うので、
私のネガティブ具合をなんとかしないと!という思考が
感情に勝ったのか、突然、にわか「いい人」になりました。

最初は、「おっしゃりたいことなんとなくわかりますよ」って返してたんですが、
それだと「あ、そう!わかるんだ。じゃ、私が思う通りにやれるんですよね?」
みたいな、ポカーン( ゚д゚)なくだりになり、失敗でした(´;ω;`)ウッ…

いろんなダメージを受けつつ、やっとたどり着いた回避策・・
なんとかそれで乗り切ってました。
無題
ジョイ「たどり着くまで長かったよね~」

が、しかーし、身体は悲鳴を上げていたようです。
その事実が明らかになったのは、今月のことでした・・
9月~10月はみそぎなの?としか言いようのない
自体に見舞われ、無事解決しましたが、ヤバかったです( ´艸`)
その話は、次回に書いてみようと思います。
潜在意識の恐ろしさよ・・・
バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 心と身体

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

ヤドリギに会いに 

昨日、11月18日はジョイくんの1周忌でした。
ジョイくんのこと その2
ジョイくんのこと その3
秋晴れのいい天気。
去年もこんな天気だったなぁとしみじみ。

「早いねぇ。ジョイくん。」そんな風に話しかけながら
「そうだ!ジョイくん、もう植物園とか公園入れるね!」
(このあたりは公園や庭園はことごとくペット入園不可です。
 小石川植物園も以前のガイドにはOKってなってましたが、
 今はどうだか・・)

ってことで、アッシュと下見に行った小石川植物園
ジョイの首輪をバッグに下げて行ってきましたー。

途中、まるでジョイが走ってるような雲を見たんですが、
うまく写真に収まらず(;^_^A

で、着きました。
事前調べでヤドリギはヤマナシっていう木に付いていた
という情報をもとに、受付の方に聞いたところ、
速攻で「ここですよ」って地図にマークしていただき感謝。
(後で、この受付の方の把握具合はすごいと感動しました。
 すんごい広かったんです。この植物園。
 なのに、すぐここですよって言えるってすごい!!)

で、途中大きな木に感動しつつ、なかなか目的地に
たどり着かない・・

やっとたどり着きました!
14794512960.jpeg
大きいのが3つ立派に育ってました。
初めて見ましたー。

14794513250.jpeg
宿主のヤマナシさん(初めて見た)

入園20分くらいでもう達成感( ´艸`)

その後は、ゆっくり落ち葉を踏みしめたり、ジョイに
話しかけたりしつつ、プラプラと(まだ広さを把握してませんでした)

14794513830.jpeg
昭和34年からあるというイチョウ。どーーーん。
(たぶんお腹回り2メートル以上だと・・)

14794513630.jpeg
紅葉もチラホラ。11月19日から紅葉まつりみたいでした。

いろんな木が沢山。
14794513450.jpeg
一生懸命太陽を求めて、こんなすごい枝ぶりの木も。

ずっとこんな感じでした。
14795299710.jpeg

ゆっくり1周するのに軽く1時間はかかりましたが、
人生で一番上を向いてる時間が長かったかもしれません。

この植物園は1638年からあるそうで・・378歳(・・・デーモン閣下よりは年下・・)
樹齢がニンゲンよりもはるかに長い木もたくさんあるなぁと
思いつつ、命の長さってそれぞれなんだよな、
長い時間のほんの一部でも共有できたってことは
ただただ幸せってことよね。とか
しみじみしつつ秋晴れの中、ジョイとのデート報告でした^^

また機会を見ていこうっと♪
バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

テーマ: アニマルコミュニケーション - ジャンル: ペット

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ