FC2ブログ

陽だまりのココロ

東京都文京区でタロー・デ・パリ/数秘/心理学/アニマルコミュニケーション/ヒーリングを用いたカウンセリングを提供しています。日々の学びや気づき、高齢犬の介護記録や猫たちの日常も。

ヒプノセラピーについて 

今日は一昨年習ったヒプノセラピーの感想など
書きたいと思います。
(あくまで私の個人の感想です。)

ヒプノセラピーは和訳すると催眠療法で、
日本ではまだまだ認知度が低いですね。

私の場合は、その前に受けたNLPの講座で、
誘導催眠によって顕在意識と潜在意識の間の蓋?を
あける手法として話を聞き、『へぇ~、そうなんですねぇー』
が第一印象でした。

講座ってあるの?と思い、ネット検索して近場で
基礎とアドバンス、プロフェッショナルなど段階を踏んで、
ある程度の日数をかけてやるところを探してみました。
幸い近場で見つかって、セット割で申し込み。

こじんまりした講座で、一通りの座学を終え、
実際催眠誘導をして、
前世療法やトラウマ療法など、
お互いに練習しあいっこして実践もできて・・

ふむふむ。そうなのね。
こうやって、『蓋』を開けて必要なものを潜在意識から取り出すのね。
と講座自体は満足な内容でした。
実際のヒプノセラピーも体験して、
自分の中から出てくるイメージも面白かったです。

では、私が提供していきたいものに、
どう使う?と考えた時・・
カウンセリングの要素がヒプノだけだと、
私には物足りないなぁと。

『蓋』を開けることによって・・・
実生活では見たことない(記憶にない?)イメージが見える
→現実に戻って・・クリアにしたい課題とのつながりが
見えないことが多いのかもって。

もちろん、潜在意識レベルで開放が起こり、
意識が違う世界に向いたり、効果はあります。
実際アメリカなどでは、トラウマ解消などに
医療と共に使われているらしいです。

ただ、個人的には・・
例えば高層ビルに上って景色を見て、
『私の悩みなんてちっぽけだー』と思いなおして、
地上に降りてきて、『さぁ、どこへどうやって進んでいく?』
はないみたいな。

『ちっぽけだー』と思った効果として、
悩みが気にならなくなるってこともある思います。
が、もう少し地に足の着いたセッションというかカウンセリングを
提供したいのよねーって、お得意のぐるぐる思考で
考えた末に思ったのでした( ´艸`)

よく、普段使っている顕在意識は3-5%、潜在意識は95-97%って
言いますよね。
これから地に足を付けて自分が納得して進んでいくために、
潜在意識をうまく使うために、どんなセッション・カウンセリングを
提供するのかー。

介護メイン生活の中で考えていけたらと思います。

umi0099-024.jpg
(フリー画像からいただきました)

最後に
ヒプノセラピーの誘導催眠で『絶対に安全な場所』をイメージした際に
私の頭の中に浮かんできたのはこんな感じでした( ´艸`)
遠くに見える灯台のあたりに自分がぽつんといるイメージです。
人によっては、草原だったり、砂浜だったり・・
いろんなところが浮かぶみたいですが・・
私は絶壁の上~(´;ω;`)…
暗いわ!まぁ、確かに1人で居ることが好きだけど、
そこ安全なんですか?ってほかの人から聞かれそうな場所( /ω)
その後タローデパリを習い、このイメージに納得した自分がいました( ´艸`)

いろんなことを習ってみたけど、いろいろ繋がっている気がしてる今日この頃です。
お読みいただきありがとうございました!
バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 心と身体

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

アッシュの通院や介護とか 

1月5日から最初の点滴通院を開始して、
途中1日おきや2日おきにもしてみましたが、
調子が落ちるので、1月21日~連日通院しているアッシュ。
14857611720.jpeg
(すよすよ~、天使の寝顔~)

腎臓と肝臓の数値も問題ではあるのですが、
一番は食欲の低下です。
内臓が具合悪ければ食べれないわけで・・

14857612660.jpeg
(ちょっと、顔がおかしくなってきたー)

なので、内臓のコンディションによる食欲低下を
防ぐために点滴通院なんです。

内臓がOKで食べないとしたら、それは高齢ゆえの食欲低下。
この場合は、アッシュの意思を尊重するとココロに決めています。

14857612770.jpeg
(ますます、怪しいーーー)

で、ふと頭をよぎった話が・・
黒柳徹子さんのお母様が高齢になった時に
『これまで、家族のために普通のごはん食べてたけど、今後は好きなお菓子にするわ』
って仰ったとか。

この気持ち分からなくもない( ´艸`)

で、アッシュなんですが、いわゆるフードは
ほとんど受け付けません。
まさに、その時に好きなもの食べたいものを食べる感じ。

もちろん内臓に負担のかからないものを
吟味しますが、黒柳徹子さんのお母様の精神を
頭に置いてアッシュの介護生活を続けていきたいと思います(* ̄0 ̄)/ !!
バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

テーマ: 老犬介護 - ジャンル: ペット

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ