FC2ブログ

陽だまりのココロ

東京都文京区でタロー・デ・パリ/数秘/心理学/アニマルコミュニケーション/ヒーリングを用いたカウンセリングを提供しています。日々の学びや気づき、高齢犬の介護記録や猫たちの日常も。

我が家のブラッシングスタイル 

🔔お知らせ🔔------------------------
2018年9月18日~10月いっぱいくらいまで、
9月末に予定している手術・療養のため、セッションの提供をお休みいたします。
スケジュールが埋まってきてしまいました。
セッション申込み受付期限の9月15日前ですが、受付をクローズさせていただきます
このブログは可能な限り、更新します( ̄0 ̄)/
ご不便をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
------------------------------------------------

おはようございます。
東京はヒンヤリ、全国的に気温低めみたいですね。
寒暖差・・・気を付けましょうー。

お手入れ中のムー氏( ´艸`)
15364661970.jpeg

猫の換毛期は3月・11月あたりって言われてますが、
完全室内生活だと、寒暖差も穏やかな分
通年抜け毛が多い気がします。
15364662130.jpeg
手足の細かいところの
毛づくろいはセルフでー。

我が家のブラッシングは、
身体のほうはまずピロコームで
ピロコーム
毛を優しく掻きだしながら
ある程度とったら、
スリッカーブラシで細かい毛まで取ります。
ブラッシングスプレーは
タマの水
タマの水肌用水を使ってます。

足の裏、ぱぁ~(*´▽`*)
15364662410.jpeg
ムー『ぺろーん』

15364662620.jpeg
ムー『ペロペロ』

実はあまりブラッシングが好きではないムー。
短時間に手早く、
しっかり毛が取れる方法を模索した結果、
このスタイルに落ち着きました(* ̄0 ̄)/

今日が皆様にとって、心穏やかな1日となりますように。
バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

trackback -- | comment (2) | edit

PAGE TOP

子宮筋腫で腹腔鏡下子宮全摘出手術:術前説明 

この記事は、子宮筋腫による腹腔鏡下子宮全摘出手術の備忘録として書いています。
2018年9月末に手術予定です。
ご興味ない方はスルーしてください。


私自身、手術をされた方の体験ブログがとても参考になりました。
お役に立てるか分かりませんが、書いてみようと思います。
カテゴリ:子宮筋腫で腹腔鏡下子宮全摘出で関連記事一覧が見れます。
拙い記事ですが、よろしければお付き合いください。
==============================

手術1か月前の術前検査から2週間。

術前説明を受けてきました。

< 麻酔の説明 >
〇 固形物は前日23時まで、水分(飲み物指定)は当日9時まで
  - 当日朝9時までにOS1 500mlを2本程度飲むこと
〇 11時ごろ来院して、12時に手術室へ入室予定
〇 全身麻酔と硬膜下麻酔のながれ
  - 硬膜下麻酔(意識のある状態-全身麻酔前に行う) 麻酔の効き具合を確認するため
  - 全身麻酔
  - 手術終了後、麻酔が覚めるまでのながれ
〇 各麻酔の合併症
これまでの既往歴や服薬している薬の事なども含めて質問されたり、説明を受けたりしました。
説明内容自体は怖いなぁーと思う内容だったのですが、とても可愛らしい女性の先生で、なぜか幸せな気分に(笑)

< 入院の説明 >
〇 必要な手続きや書類について
  - 診察券
  - 保険証
  - 高額療養費限度額適用認定証
  - 入院申込書
  - 差額ベッド同意書
〇 入院時間と手術時間
〇 持っていくもの
  - 部屋にホテル並みに備品が揃っているので、寝衣や下着・靴下・常備薬などが自分で用意するものとのこと
〇 個室なので、手持ちのスマホを使えるとのこと
〇 付き添いは必要なし(手術の時のみ立ち会い)

< 手術の説明 >
執刀いただく医師から
〇 婦人科臓器の説明
  改めて各臓器の役割など丁寧に説明いただきました
〇 筋腫の説明と病態の説明
〇 子宮全摘出の手術手順の説明
  - お腹の中で切るところ/子宮と卵管も取ること
  - お腹に開ける穴の位置と術後ドレーンが出ている穴の説明
  - 出血量と自己血利用(手術中に自己血を回収して再利用するそう)
  - 深部静脈血栓症予防について 
などなど、手術までに書いてくる同意書の説明も含めて、聞きました。

< 栄養士さんからのヒアリング >
入院中、ミクニマンスール食(こころと身体に優しい食事)が提供されるのですが、アレルギー(無し)、苦手なもの(辛い物)、食事の制限(脂質制限 30g/日程度)のヒアリングがありました。
膵炎患者用の食事メニューがあるそうで、そちらで調整いただけそうです(*´▽`*)
体験ブログでもここの病院はご飯が美味しいと書かれているので、楽しみ&術後吐き気や食欲喪失が軽くすみますように・・

何て行うか、頭では分かっているんですが、「ほんとに手術するんだー」(おい!)っていう気持ちに。
説明を受けたことで、具体的に手術と手術後のイメージが頭の中に入ってきたので現実味が倍増です。
体験ブログはたくさん読ませていただいて予備知識はあっても、自分の手術の説明は違いますね(´ー`A;)
あと、手術関連の書類に、病名:子宮筋腫って書いてあるのを見て、「病気なんだね。うん、私病人なんだな。」という自覚も生まれました。

手術当日入院で、入院時間からほどなく手術というー、余計な恐れおののく時間を取らない流れにも感動しました。
びびりん坊のメイムーコンビも当日朝いちで、動物病院に預けてから、自分が入院できるのもありがたいです。

手術まで風邪をひかないように、気を付けます(* ̄0 ̄)/
バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

テーマ: 婦人病 - ジャンル: 心と身体

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ