FC2ブログ

陽だまりのココロ

東京都文京区でタロー・デ・パリ/数秘/心理学/アニマルコミュニケーション/ヒーリングを用いたカウンセリングを提供しています。日々の学びや気づき、高齢犬の介護記録や猫たちの日常も。

子宮筋腫で腹腔鏡下子宮全摘出手術:あれこれ話~術後の婦人科ガン検診 

この記事は、子宮筋腫による腹腔鏡下子宮全摘出手術の備忘録です。
2018年9月末に手術しました。
ご興味ない方はスルーしてください。


私自身、手術をされた方の体験ブログがとても参考になりました。
お役に立てるか分かりませんが、書いてみようと思います。
カテゴリ:子宮筋腫で腹腔鏡下子宮全摘出で関連記事一覧が見れます。
拙い記事ですが、よろしければお付き合いください。
==============================

昨年2018年9月末に子宮筋腫と子宮・両卵管を全摘しました。
卵巣は問題なかったので温存しました。

女性ホルモンを分泌する卵巣を摘出すると
一気に女性ホルモンが無くなり、
急激な更年期障害が出るなど
デメリットの大きさもあり、
特に問題なければ摘出しないのが
最近の流れのようです。

これからの婦人科ガン検診について、
先日の最後の術後診察の時に
先生に聞いてみました。

気になっていたのは、
一般的に行われている”婦人科”ガン検診には
卵巣ガン検診って入ってないこと。
区などの健診で対応するのは、
子宮頸ガン検診と乳ガン検診。

子宮ガン検診は、子宮頸ガン検診と子宮体ガン検診。
乳ガン検診は、触診、超音波(エコー)、マンモグラフィー。

ってことでー、
「今後どうやって卵巣ガン検診を受けるの?」
という素朴な疑問が( ´艸`)

先生曰く、内診とエコー検査がいいそうです。
異常が見られれば、
CTやMRI、腫瘍マーカー検査(CA125)などを
合わせて詳しく検査するそうです。

また、子宮は全摘しましたが、
子宮頸ガン検診は、
膣断端部の細胞を採取することで
調べられるとのことでした。

ってことで、まとめると、
子宮全摘・卵巣温存の場合、
必要な検査は(厳密には)
前:子宮頚ガン=○、子宮体ガン=〇、卵巣ガン=〇
後:子宮頸がん=〇(膣断端部の細胞採取)、子宮体ガン=×、卵巣ガン=〇
となりそうです。

区の婦人科健診をしている病院へ一度問い合わせて
子宮頚ガン(膣断端部の細胞採取)と卵巣ガン(エコー検査)が
対応可能か聞いてみると良さそうです。

内心、年1度受けている胃カメラの時に、
CA125の婦人科腫瘍マーカーも出してもらえるので
それでいいかなーともくろんでいたのですが・・・
そうもいかないってことが分かりました。

ネットで調べたガイドでは、
卵巣ガンは症状っぽいものがあるとか、
身内に婦人科のガンの方がいるなど、
気になる場合は、内診・エコーで卵巣ガン検査を
ってのも見かけました。

決して、喜んで受けたい検査ではないですが(汗)
せっかくこれまで検査もしてきたので、
どうするか、考えたいと思います。。

お読みいただきありがとうございました。

バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

テーマ: 医療・病気・治療 - ジャンル: 心と身体

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ