fc2ブログ

陽だまりのココロ

東京都文京区でタロー・デ・パリ/数秘/心理学/アニマルコミュニケーション/ヒーリングを用いたカウンセリングを提供しています。日々の学びや気づき、高齢犬猫の介護記録や猫との日常など

"しつけ”って?その1 

今日は、いわゆる”しつけ”について書いてみたいと思います。

自分だけの責任で初めて迎えたのはアッシュ。
実家では常に犬が居ましたが、”しつけ”をしていたのは
父なので、実家のワンコから見たら、私は父の家族=仲間の扱いでした。

まず家に馴れたら、最初はトイレですよね。
アッシュ、随分時間がかかりました(笑)
自ら、トイレに行きちゃんとできるまで3か月はかかったと思います( ´艸`)
その時、元夫も見ていて、二人でガッツポーズと握手をしたのを覚えています。

いわゆる飼い方の本も何冊か読んだし、書いてあることを
試して、ダメかぁ・・と凹んだり、いろいろと悩みました。

でも、ふと思ったんですよね。
私はアッシュを見てるかな?って。
本には犬はこうしたらトイレを覚えると書いてある
→できないアッシュはダメ?
しない理由は?アッシュはトイレのことどう思ってる?いままでどうしてた?

わからーん


で、どうしたかと言うと・・
とにかく話して説明する(ニンゲン語で)
ジェスチャーも入れて、力説する
です(笑)

アッシュは首を傾げて、聞いてくれるんですが、
もちろん細かい意味は分からない。
でも、伝えたい気持ちや私の感情は伝わっていたと思います。
(トイレ失敗で悲しい・もう少し!で惜しいなぁー・できたねーうれしい!!など)

その中で、こうしたらこうなのかな?ってアッシュ自身も頑張ってくれたんだと思うのです。
覚えた後のトイレは、ほんとにパーフェクトでした。
フルタイムで仕事の時、お留守番は10時間~12時間でしたが、
はずしたことはなかったです。
ash4.png
『ボク天才かも~』←勝手なアテレコ

次はお散歩でしょうか。
お散歩、嫌いでした(笑)
とりあえず連れ出すのですが、途中で歩くのヤダヤダとなり、
抱っこで私が散歩するのが多かったです。
すれ違う人には、『お散歩しないとダメよー』
『犬が散歩嫌いなわけない』いろいろと助言いただきました・・

ash3.png
お家の中ではのびのび↑(笑)

他には、ご飯前のマテとかお座り、握手(オテではなく、こっちで教えました)
食べ物が絡むと覚えは早いですよね。
いいことが起こることはすぐに覚えました( ´艸`)

そして、これくらい覚えてくれれば、特に日常生活には困りませんでした。
寝るときはもちろん布団で一緒に雑魚寝。
お留守番前に特別に貰えるオヤツを決めていたので、その
オヤツを出すと玄関まで行って、『早く行きなよー』って顔で見る。

その後は、自分で考えて行動するようになっていったアッシュ。
例えば、後ろ足だけで立って、両手をそろえて「頂戴、頂戴」を自ら編み出す。
→たまたまやった時に、私が褒めたら、その後要求があると自らやるように(笑)
 その後ジョイも見て覚えたようですが、後ろ足だけで立てないようで寝転がってやるように(笑)

たまに行く動物病院は、『早く帰ろう!』と軽く騒ぐ→キャリーに自ら入る(笑)
→出てこないとか、時々は困ることがありましたが、
概ね日常生活では特に困らず、しつけ本を開くこともほとんどなかったです。

その後、ジョイを迎えたら、ジョイはまたジョイの性格もあり・・
トイレ→すぐ覚えました(アッシュの真似をする)
お留守番中→いたずら、トイレ以外での排泄多数(号泣)
ご飯時のマテやお座り→すぐ覚えました
お散歩→好き!
握手→すぐ覚えました
動物病院→騒がず、固まるタイプ
なかなか違いも面白く( ´艸`)私自身の許容の幅の拡大にも貢献してくれたなぁと思います。

joy.jpg
↑アクシュしてます。超絶かわいいヽ(´∀`)ノ

その後ジョイも自分で考えたようで、生協の宅配が来た日は
私にアクシュを自らする
→私の注目を引くと玄関へ誘導
→『ウォッ』(荷物きてるよ)って教えるように。
玄関横に荷物が置いてあって、帰宅時に荷物にすでに気づいていることは
内緒で、『ありがとーーー!!』とお礼を言うようにしてました。
その後は、配達の日は、私から『ジョイたん、生協さん来た?』って
聞くと、すごい得意げに玄関に案内して教えてくれてました( ´艸`)
(いまだに配達の日はジョイに聞かないと!って思い出すことがあります)

それぞれに性格や思いがあって、それぞれに違うことが当たり前。

そんな風に思えると、違いが楽しくなって、
『アッシュはできるのに、なんでジョイはできないの!』
『ジョイはできるのに、なんでアッシュはできないの!』
とは思わないようにー。

ってベースがあったところに、いわゆるワン友さんのお話が続きます~
お読みいただき、ありがとうございました。
よろしければ、バナーをポチッとしていただけると励みになります。
いつも、ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

テーマ: アニマルコミュニケーション - ジャンル: ペット

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ