FC2ブログ

陽だまりのココロ

東京都文京区でタロー・デ・パリ/数秘/心理学/アニマルコミュニケーション/ヒーリングを用いたカウンセリングを提供しています。日々の学びや気づき、高齢犬の介護記録や猫たちの日常も。

アッシュとの日々<1>~2016年12月 

アッシュとの日々(2016年~2017年3月)を振り返りたいと思い、
記事にします。
****************************

18歳を2016年5月に迎えても、後ろ足がおぼつかないながらも
歩けて、トイレも出来ていた7月以降、歩ける距離がだんだん
短くなってきました。
数歩歩くと、尻もちをつくので、トイレが間に合わない。
なので、見ている時は適宜トイレに連れて行き、見ていない時
ように巻くタイプのオムツを使い始めました。
14788324830.jpeg 
2016年8月のことです。
その時の記事はこちら。アッシュの介護あれこれ~オムツ 
トイレ問題以外は、ご飯も普通に食べてくれてた~11月中旬。
11月最終週に食欲がガクンと落ちました。
いわゆる犬用フードはプイ!通院もして、肝臓の数値もあるので
負担をかけないサツマイモやパンなど、ニンゲンの食べるものも
味など留意して、食べる&てんかんをコントロールするに努めました。

そんなアッシュがショック症状を起こします。
2016年12月5日の朝方です。アッシュ回復中 
肝臓の数値が上がったことによるショック症状でした。
ショック状態の時は、いわゆる旅立ってしまう時と同じような
状態でした。
急に吠えて、意識が飛んでがくーんと崩れ落ち、失禁。
『これは、あかんときのやつ・・』と思いつつ、アッシュくん、
まだ早いかなーって耳元で話しかけてました。
しばらくしたら、戻ってきてくれたアッシュ。
その後、肝臓の回復のため毎日点滴が始まりました。
2016年12月5日~13日(9日間) 毎日
食欲も波がありつつも食べれるものを食べてました。
その時の苦悩はこちら(笑) ぐるぐるーーーー 
14820400440.jpeg 
(はぁ~かわええぇ・・・)

その後、食べない以外は症状も落ち着いていて、
焼き芋とひきわり納豆だったり、
乾きもの(ボーロやささみチップ、グリニーズ)だったり、
試行錯誤しながらも食べてましたが、徐々に体重は
減っていきました。
昨年最後の通院は12月30日。アッシュ通院してきました 
体重はマイナス160gで済みましたが、今後も考えて、
流動食を導入することにしました。

アッシュとの日々<2>2017年1月2月 に続きます。


バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

テーマ: 老犬介護 - ジャンル: ペット

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ