FC2ブログ

陽だまりのココロ

東京都文京区でタロー・デ・パリ/数秘/心理学/アニマルコミュニケーション/ヒーリングを用いたカウンセリングを提供しています。日々の学びや気づき、高齢犬の介護記録や猫たちの日常も。

『好き』とは? 

 以前、大嫌いが一番だと思うって記事を書きました。
今日は『好き』って何のことか、
思うところを書きたいと思います。

『好き』って、じゃ何なんだろうねー?
自分で好きなもの好きな事を挙げてみて、
そんなことを考えてみました。

例えば食べ物。
私の好きなたまごパン。
14920420200.jpeg 
(そこから入る?っていう突っ込みが受け付けませーん)
好きなところは、
乾燥していて、硬いけど、
ゆっくり噛むと噛むほどに
砕けて、素朴な味が口いっぱいに
唾液と共に広がるところ。

全部合わさって、たまごパン。
たまごパン自体の存在が好き。

どれかが無くなると、たまごパンではなくなる。

食べ物とか物ってだいたいそうですよね。
特徴が個々にあって、どれかが無くなると
もうそれではなくなる。

だから、『好き』も分かりやすい( ´艸`)

動物もそうかな。
動物全般好きですが、
その動物の特徴、生態そのもの。
知っている特徴や生態はすでに好きだし、
知らない特徴や生態は知ると感動すらする。

よっぽどのことが無い限り、
変わらず好き。

では、人ってどうなのでしょう?
人の特徴や生態ってなんでしょうね。
例えば犬の特徴や生態と同じように
ニンゲンって考えたら、
私はそこに好きも嫌いもないな。

じゃ、好きなニンゲンってなんだろうねー?って。

好き 

そして、気持ちと考えを整理してみて・・
2パターンあるなぁと( ´艸`)

パターン1
その人、そのニンゲンそのものが好き
見た目や外見、何をしてるかしてないか、
関係なく、存在そのものが好きなケース

パターン2
その人が備えている”スペック”が好き
〇〇の資格を持っているとか、
〇〇が得意とか、
尊敬できる1面が好きなケース

例えば、私の場合パターン1を
人に当てはめた場合、
元夫と結婚してみるかーと思った要因とか
そうかもしれません。
(離婚しましたが、ニンゲンとして嫌いに
 なったわけではないので、例としてあげます( ´艸`))

普段ほとんど仕事のことはお互いに
話さないし、職種も全く違った私たち。
でも、あまりにえげつない人が居た時があって
愚痴ったことがありました。
人としてどうなのー?って内容でした。
聞いていた元夫のアドバイスは意外なものでした(笑)

『牛乳飲んだほうがいいよ』

通訳すると(笑)
カルシウムが足りないと
ストレスがたまりやすくなるから
牛乳でカルシウムを摂ったほうがいいよ

もう、あまりにも予想外で笑うしかなく( ´艸`)

この人から出てくる発想が面白くて、
いいなぁと思ったんです。

社会的に持ち合わせている”スペック”ではなかったんですよね。

なので、普段『この人が好き』って思って
いても、好きなのが”スペック”だった場合、
それはその人の単なる1面だけなんですよね。

だから、仮に、他でムムム?なところに触れて
しまっても、別にいいんですよね。
こんな人とは思わなかった!!!って
ガッカリするのって
自分のほうの思い込みだったりもするなぁと。

嫌い 

好きな1面から勝手に予想している
まだ知らない他の1面が違ったわけですよね。

そしてガッカリしたり、怒りを覚えたり、
予想してたように変えたいとすら考える
こともあったりー。

いわゆるコントロールってやつですねぇ。
(教える・教えられる、指導する・指導される立場は別です)

だいたい、ほとんど自分の妄想( ´艸`)

なので、ニンゲンに対して
好きって思ったら、
ちょっと頭の中で整理して、
とにかく存在が好きなのか、
持ち合わせている”スペック”が好きなのか、
考えてみると、
その後のお付き合いが
気持ちよくできるかなーと思った話でした。

今回もグダグダで終わりまーす(/・ω・)/

最後までお読みいただきありがとうございました♪



バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 心と身体

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ