FC2ブログ

陽だまりのココロ

東京都文京区でタロー・デ・パリ/数秘/心理学/アニマルコミュニケーション/ヒーリングを用いたカウンセリングを提供しています。日々の学びや気づき、高齢犬の介護記録や猫たちの日常も。

自分にかけていた呪いの言葉?(笑):その3 

この記事は
自分にかけていた呪いの言葉?:その1
自分にかけていた呪いの言葉?:その2 の続きになります。

3年たったころ、日本系のIT会社から外資系のIT会社へ転職しました。

理由は、さすがに食べていけないと思ったから(笑)←一番大きかった理由
外資系IT会社では、年齢・経験に関係なく何でも仕事がふってきました(;'∀')

トラブルシューティング、ソフトウェアの日本語化、日本環境でのテスト、
展示会の出展、取引先のイベントの応援・・・
バラエティーに富んで楽しいと思う反面、きつかったのも事実。。

さらに2年後、「椅子に座って」「落ち着いて」仕事したいと思い転職しました。
職種はサポート。
お客様からのトラブル連絡をリモート(遠隔)でサポート(←椅子に座って!)
します。
月100件以上対応しながら、年末年始やGW、24時間対応のシフトもあり、
大変ではありましたが、「椅子に座って」できる仕事でした(笑) ←椅子に座りたい・・
年を取るにつれ、まとめ役や管理的な仕事へ変わり、
気が付けば15年以上経過してました。

そこで、NLPのワークしながら、気づきました。(←だいぶ遅い('◇')ゞ)
その1の呪い: 「好きなことは我慢してからじゃないとしちゃいけない」
その2の呪い: 「嫌なことをしないとお金をもらってはいけない」
と合わさり、

「好きなことは我慢して、嫌なことをしてからじゃないとしちゃいけない」

という摩訶不思議な呪いになっていたと・・

もちろん、それを課す理由が自分にはあったわけで、
これまでを否定するということではないのですが、
「ほんとに?」と自分に聞いてもいいかなーっと。

で、自分でも「なんでだろー?」状態・・

まぁ、1つだけ言えることは、人間何かを乗り越えるために
必要な自分ルール(呪い)を作るけど、
年齢を重ねるごとに、その上に更に必要になった自分
ルール(呪い)を重ね・・ある程度歳を取ると、
バームクーヘンみたいになってて意味わかんなーい
状態になるんだなってことです・・←あくまで他人事のように言う

まだ続くのか?というご意見もあろうかと思いますが・・
次は「自分にかけていた呪いを解いてみる」に続きます(笑)
バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 心と身体

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ