FC2ブログ

陽だまりのココロ

東京都文京区でタロー・デ・パリ/数秘/心理学/アニマルコミュニケーション/ヒーリングを用いたカウンセリングを提供しています。日々の学びや気づき、高齢犬の介護記録や猫たちの日常も。

認識のギャップについて 

ムーの膝掛けサービス( ´艸`)
もっちもち、ホッカホカでありがたいです。
 14899006300.jpeg

んが、少しだけ 重い・・
まぁ、肥満とまではいかないですが、食欲大魔王なので(笑)
時々あばら骨触れるか確認してます。

そんなムーに、『食べすぎるとね、太っちゃうよ。』
ってアニマルコミュニケーションも含めて話し合ったことが
あります。

私『ムーちゃんさぁ、いつも美味しく食べてくれてありがとうね。
  元気で食べてくれて、嬉しいよ。』
ムー『うん。ご飯大好き。沢山食べたい!』
私『でもね、食べすぎるとね。太っちゃうよ。』
ムー『私、困ってないもん。

そうなんですよね。困ってないんですよね。本にゃんは(笑)

私『うん。そうだね。沢山食べすぎると、おぇーっとなったり、
  具合が悪くなったら、病院行かなきゃいけなくなるじゃない?』
ムー『おぇーっとなっても、また食べれるもん。』

だね。だねぇ。食べてるもんね。また(笑)

私『そっかー、でも病院嫌いでしょ?』
ムー『病院って何?』

幸い健康体で、年1回程度しか行かないので、忘れとるらしい(笑)

私『うんとね、病院はね、時々メイちゃんと一緒に箱に入って
  車(タクシーです)に乗っていくところだよ。外に行くの。』
ムー『思い出せないけど、外は嫌!』
私『うん。外行くの怖いもんね。行かなくていいように、
  食べすぎないようにするの。』
ムー『ふーん。』
私『ムーが食べるご飯ね。私が食べすぎないようにするから、
  ”おしまいね”って言ったら、食べるの休憩だよ。』
ムー『ふーん。』
14899005770.jpeg 

いまひとつ、分かってはいないようでしたが、
それから、”おしまいね”と言う時に、話したあれだよって
気持ちを乗っけて言うようにしてみました。

そうするとだんだん諦めるのが早くなりました( ´艸`)

ニンゲンどうしで話すときと、認識の違いがあったり、
伝えるための言葉や話の持って行き方の工夫が
面白いです( ´艸`)

その後、ライトフードに変えて(食べてくれてホッ)
一度の量を少な目(おぇーっとなると泣きながら掃除する羽目になるし)
にして、頂戴~ときたら、3粒とかですが、特別ね~って
気持ちを乗っけてあげるようにして、
最盛期に比べると1キロは減らせました。

そして、ご飯あげる時に『少なくて申し訳ないな』って気持ち
であげると『足りてない~』って伝わることも発見(笑)

今は、かなり円満に(笑)体重コントロール出来てます。
あと少しだけ、夏目標くらいでゆっくり落としたいと
もくろんでおります(* ̄0 ̄)/ !!←まだ内緒です(笑)


バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

テーマ: アニマルコミュニケーション - ジャンル: ペット

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

ジョイとのアニマルコミュニケーション 

ジョイが亡くなったのは、昨年2015年11月18日のこと。
(その時の記事はこちらに)

発症してからおよそ24時間での他界だったため、
心の準備どころか、信じられない気持ちのほうが
強かった・・

突然涙が出てくることが2日ほど続き、
混乱して受け止められない気持ちがぐるぐる。

こんなの嫌だな。ジョイだって嫌だよねってことで、
ジョイとアニマルコミュニケーションをしてみました。

亡くなって2日目。
コンタクトしてみて、ジョイからの返事を待っていると
「まだね。ボク準備中なの!着替え中なの!」と・・
伝わってきたイメージは、沼のようなところから、
顔だけだして、言葉を言い残して、ちゃぷん・・・みたいな^^;
「あ、そんな感じなの?まだなのね・・」とその日は終わりました。

3日目。再度コンタクトしてみました。
ジョイからの返事を待っていると、その時の私の心境とは
かけ離れたものでした。

「あのね、ボクね。いますごいやる気があるの!」

・・・
ん?ジョイくん?はぁ??

「ボクね。頑張るの!」

なんですと??
ジョイくん、何にやる気があるの?

「だってね。ボク目が見えなかったし、身体動けなかったでしょ。
 今はもう出来るからっ!」

あー。。なるほどぉ。ジョイって全盲になる前は、
お家の中パトロールしたり、メイちゃんムーちゃん、アッシュの
様子チェックしたり、私が動けばついてきて警備したり
してたなぁ・・
震災の時は(我が家は震度5強に見舞われ、私は会社でした・・)
急いで帰ったら、玄関に向かって声が枯れるまで吠えてたし。

全盲だったので、玄関から何か来たと思って追い払っていたようです^^:

全盲になって、前ほど出来なかったそういうことを
頑張るって言ってるのかなーと。
なのでこう伝えました。
14782411910.jpeg
(ムーちゃんとも仲良しでした♪)

ジョイくん、いつもお家や私やみんなを守ってくれてありがとう。
うん。やりたかったこと気が済むまですればいいと思うよ。
お家のこと以外にもやりたかったことがあったらやってね。
そしてまたそれを教えてくれる?

「わかった!じゃあね!」

と・・・かなりドライに去って行った感じ^^;

コミュニケーション終わった後、軽く呆然とするわたし。
だって、もっとさみしいよーとか言うのかなって思ってたし。

でも、このジョイとのコミュニケーションで
自分が思いもつかないことが返ってくる感覚を
しっかり経験できて、これが受け取るってことよね・・と
確信が持てたというか、こういうことかーと納得したというか。。

もちろん私はジョイに直接触れなくて寂しいし、
亡くなったこともとってもとっても悲しいのですが、
.あー、ジョイってこんな楽しい子だった・・って思い出して、
亡くなった時の悲しいイメージではなく、
亡くなった日のたった1日ではなく、
楽しくともに過ごした13年間のほうを
より身近に感じられるようになったのです。

14782415550.jpeg
(夏は私のアイス枕をよく横取りしてました^^)

その後もちょくちょくコンタクトして、
森を仲間と(大型犬多し)木の枝くわえて走り回ってたり、
砂浜で仲間と追いかけっこしてたり、
なんか思いっきりしたいことしてるんだなって様子を
イメージとして返してくれて・・

ジョイが楽しく過ごせてるなら、それでいいやって^^

お散歩で会う知り合いからは、ペットロスになるのでは
ないかとかなり心配されたのですが^^;
深刻な状態にはならず今に至ります。
亡くなってからもこんなにもサポートしてくれる
ジョイに感謝なのとアニマルコミュニケーションやるように
なって本当に良かったと思います^^

そして、今後の活動にこの経験を生かしていけたらと
思っています。



バナーをポチッとしていただけると励みになります。
ありがとうございます!
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

テーマ: アニマルコミュニケーション - ジャンル: ペット

trackback -- | comment (0) | edit

PAGE TOP

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ